便利で簡単な専業主婦キャッシングの選び方

金融機関感を利用してお金を借りるときは、色々な制限があります。

特に大きい制限が総量規制と呼ばれるもので、この規制を受けるとほとんどお金を借りることができなくなります。

総量規制とは収入の3分の1以上の借入を制限するもので、この規制があるので収入の少ない人はお金を借りるのが難しいです。

また専業主婦などの収入がない人の場合、全くお金を借りることができないので困ったことになります。

ただ実は専業主婦キャッシングができる方法もあって、それは利用する金融機関の選び方を工夫することです。

専業主婦がキャッシングが出来る金融機関とは、銀行系の金融機関です。

実は総量規制では銀行系の金融機関は規制対象外なので、銀行系金融機関ならば収入が無くでもお金を借りることができます。

しかし銀行はお金を借りるための審査が厳しい傾向があり、収入のない主婦では審査に通りづらいです。

専業主婦の方が銀行系金融機関のキャッシングを利用するのは難しいですが、とある方法を利用すると審査に通ることがあります。

その方法とは、旦那さんに保証人になってもらうことです。

銀行は保証人さえいれば少額になりますけど、専業主婦カードローンで借り入れを利用できることがあります。

特に給料振込みなどで利用している銀行ならば、いい条件でキャッシングが利用できる場合が多いです。

この頃の銀行は専業主婦向けのキャッシングを重視しているので、ある程度条件があれば簡単にお金を貸してくれます。

専業主婦キャッシングの借り方は配偶者名義が一般的です

専業主婦キャッシングは、どのような借り方をするといいのでしょうか。この場合は、専業主婦本人は収入が無いので、収入のある家族名義で借入を行います。

多くの場合、配偶者名義で申込をすることになります。借り方としては、まず配偶者の本人確認や収入証明の書類を準備します。

本人確認は運転免許証がベストですが、配偶者がいつも免許証を持ち歩いているような場合は、保険証やパスポートでも大丈夫です。

収入証明は、会社や役所勤めの場合は、給与明細と源泉徴収票、自営業の場合は確定申告書のコピーが必要になります。書類を準備した後、金融機関の窓口あるいはPC、または携帯から申し込みます。

専業主婦キャッシングで気を付けたいのは、消費者金融を利用する場合です。消費者金融には総量規制があり、名義人の年収の3分の1を借入限度額としています。

つまり、専業主婦が配偶者名義でお金を借りる場合は、配偶者本人の借入額が少なくなるため、配偶者の同意が必要になります。

また、配偶者が借入を行っていて、既に年収の3分の1に達している場合は、消費者金融での配偶者名義で借入をすることはできません。

ですから、たとえばどうしても配偶者に内緒でお金を借りたい時とか、配偶者が年収3分の1の金額ぎりぎりまで借入を行っているが、もう少しお金を融資してほしい場合は、銀行のカードローンを利用するといいでしょう。

銀行は消費者金融と違い、総量規制が存在しませんので、年収の3分の1の金額を気にせずに、申込をすることができるからです。

専業主婦キャッシングは借り入れできる額に制限がある

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚で気軽にお金が借りられる大変便利なものです。

しかし、契約の際は毎月一定の収入があることが条件であり、自分自身に収入がない専業主婦は原則として契約出来なくなっています。

また、消費者金融のカードローンは、貸金業法に定められている「総量規制」の対象となるため、原則として年収の3分の1を超える借り入れが制限されます。

自分自身に収入がない専業主婦は、総量規制によってもカードローンの契約が制限されます。ただし、銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象にならないため自分の年収に関係なく借り入れが出来ます。

一部の銀行のカードローンは、自分の配偶者に毎月一定の収入があれば、専業主婦でも契約することが出来ます。

大手メガバンクが実施している「専業主婦キャッシング」を契約する場合、源泉徴収票など配偶者の収入を証明できる書類が必要です。

また、一般的なカードローンと異なり、借り入れ出来る最大の金額(借入限度額)が30万円程度までに制限されます。

それでも、自分自身に収入のない専業主婦でも契約出来るカードローンは、急にお金が必要になった時などに大変重宝するものです。

申し込みもインターネットから気軽に行えるため、何かと家の仕事で忙しい専業主婦でも簡単に申し込むことが出来ます。契約の際は、利用目的と返済計画をしっかりと立てた上で、決して借り入れをしすぎないことが大切です。

専業主婦キャッシングの返済方法を見つける

最近の消費者金融では、主婦のキャッシング利用ができるところが多くなってきました。

それは貸金業者全体の動きでもあり、審査に厳しいとして知られる銀行のカードローンでも専業主婦キャッシングができるところもあります。

専業主婦キャッシングができるいくつかの条件として、必ず旦那さんが働いていることになります。旦那さんの勤め先を申し込みの際に記入ことになります。

専業主婦であることから働いていませんので、主婦には収入がありません。よって家計のやりくりによって返済方法を探ることになります。

たとえば旦那さんに内緒で借りるということもできます。その際は専業主婦キャッシングができることを大々的に謳っている貸金業者なら、旦那さんに内緒で契約を結べるようなところもあります。

そのような場合、家計のやりくりで返済していくのは難しいといった人もいるでしょう。そのような場合は、返済額だけでも返せるようなアルバイトをする必要があります。

どうしても家をでることができない、もしくはできても時間に制限がある専業主婦の場合、外で働くことは難しいでしょう。そのような状況の場合は、家の中でできる仕事もあります。

多くはインターネット上に記事を投稿する仕事になります。そのような仕事をして、家で返済額だけでも稼ぐといった手段を選ぶこともできるでしょう。

借りた場合は必ず返す必要があり、キャッシングが内緒な場合はいくつかの方法で家の中での返済額を稼げることができます。